管理人の戯言の部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

少女時代のジェシカが脱退?

少女時代のファンにとっては朝からショックな情報にぶっ飛んだ事でしょうね。

あちこちのSNSで悲痛なコメントが飛び交っているようです。


20140930151356870.jpg

ジェシカがtwitterに書き込み

ジェシカは30日午前5時ごろ、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」の自身のアカウントに「会社と8人からきょう付けで、私はもう少女時代のメンバーではないという通告を受けました。不当な理由でこのような通告を受け、非常に戸惑っています」という書き込みをハングルと英文で掲載した。

 ジェシカはまた、微博掲載記事のコメント欄で「皆さんは私が愛する特別な方々です。だから私の真実を知る価値があります」「私は深い悲しみを感じ、自分が信じていた人たちに傷付けられました。皆さんはこのように傷付けられることがないように願っています」とし、突然のことに驚くファンへの配慮を見せた。



アカウントが乗っ取りにあってガセネタではないのか?と言う憶測もあったようですが、
ついに事務所側から公式発表がありました。

ジェシカ少女時代退出説と関連して所属会社SMエンターテイメント側が公式立場を伝えた。

SMエンターテイメントは30日午後公式報道資料を通じて「ジェシカが個人の事情でチームの活動を中止することを通知してきた。最近少女時代の活動について利害関係が衝突する中でジェシカのファッション関連事業に関連して、チームを維持することができない状況に至った。少女時代は8人体制の活動を継続する予定であり、ジェシカは個人的な活動を進めている」という内容を伝えた。

前の30日午前5時、少女時代のメンバージェシカの中国公式ウェイボーは、「今後の公式スケジュールを期待して準備していたが、会社と8人から今日部は、それ以上少女時代のメンバーではないという通知を受けました。私は少女時代の活動を優先して積極的に取り組んでいますが、政党ぬ理由こんな助言を受けて、非常に戸惑いました」という文が英文日本語版に掲載された。

ジェシカは、そのアカウントを使用して、着実に国内外ファンたちと疎通してきたのが文の事実かどうか、あるいはハッキングの可能性を残して甲論乙駁が繰り広げられた。特にジェシカが所属事務所側だけでなく、他の少女時代のメンバー8人からも退出通知を受けた言及した点が、チーム内でも問題が発生したことを期待していた。

最近のジェシカは妹である f(x)のクリスタルと一緒にリアリティー番組の後にファッションブランド立ち上げに関する個人スケジュールを継続している状況である。また、先に在米同胞事業家タイラー権と熱愛説と結婚説が再点火されたことがある。これを置いてチームを維持する上で葛藤が起きたことはないかという推測が日記もした。




- 次は、SMエンターテイメントの公式の立場

こんにちは。エスエムエンターテイメントです。本日掲載されたジェシカのウェイボー記事に関連する当社の立場を申し上げます。

今年の春ジェシカが自分の個人的な事情で、当社の前に一枚のアルバムの活動を最後にチームの活動を中止することを通知してきました。
ジェシカの突然の話にも、当社と少女時代のメンバーたちは、少女時代のために良い方向に活動できるように継続的に努力して悩んできました。

しかし、最近の少女時代の活動の優先順位と利害関係が衝突する部分の正確な調整が不足している状況でジェシカがファッション関連ビジネスを開始することになり、継続的な議論にもかかわらず、とてもチームを維持することができない状況に至っされました。

ここに当社は、8人体制の少女時代の活動を当初より早めることを決定しかありませんでした、その発表時点などを議論する過程で、ジェシカ本人の視点で今日の早朝に文が掲載されました。

今後当社は、8人体制の少女時代とジェシカの個人的な活動の変わらぬご支援とマネジメントをしていく予定です​​。





少女時代からは抜けるけど、個人の活動は支援して行くようですね。

なぜこのタイミングで?って感じですね。
週末には日本でのSMTOWNがあるし、年末にはメンバー念願だった単独東京ドーム公演も決まっています。
メインボーカルの一人であり、他のメンバーとは違う声質で個性的な彼女の脱退は、順風満帆だった少女時代にとってはかなり痛手になりますね。

ハーモニーの点でもジェシカの声が無くなるのは残念です。
好きなメインボーカルはテヨンですが、質の違うジェシカのボーカルがあってこそですからね。

JessicaとTaeYeon
20140930230407525.jpg
最強の2トップだったんですが残念です。





9人でのこの曲のライヴ映像見て見たかったなぁ。

KARAに先を越された東京ドーム単独公演がやっと決まった事で喜んでいたファンにとっては、9人では無い少女時代の公演はかなりショックでしょうね。

東京ドーム公演がどんなステージになるのか期待していましたが、興味半減になってしまいました。
スポンサーサイト
2014-09-30 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

TTS 2年4ヶ月ぶりにカムバック!

Girls' Generationのテヨン・ティファニー・ソヒョンの3人組ユニット「テティソ」が、ミニアルバム『Holler』からのタイトルチューン『Holler』で2年4ヶ月ぶりにカムバックですね。

9人グループの少女時代の中ではメインボーカルを張るのがテヨンとジェシカとティファニー、リードボーカルがソヒョンとサニーですが、その中からの3人の派生ユニットがTTSです。

言わずと知れた歌唱力抜群のこの3人。バラード歌わせたら本当に上手い3人ですから カムバックを楽しみにしていたファンも多い事でしょうね。



『Holler』オフィシャルMV

んん〜〜〜、ヤバいっすね・・・・

この綺麗さ(笑)
そっちかいっ!(爆)



ライヴ映像はこちら



やっぱ綺麗だわ(笑)

少女時代って、ゴージャスなスタイリングにしてもどうして下品にならないんだろうって思っていましたが、
キャバクラのお姉さんみたいなバストの谷間を見せるような衣装じゃ無いからかも知れませんね。


こちらは8月にロス・アンジェルスで行われたK-CONでのライヴ映像から、Girls' Generation 『Mr.Mr』です。
珍しく生歌のようで、ボーカル気合い入ってますね。



日本ではKARAと人気を2分する少女時代ですが、パフォーマンス・歌唱力・ダンス、プロとしての総合的なエンタテインメントとしてはやはり少女時代は飛び抜けていますね。

そう言う意味では、バンドは別として、こういうエンタテインメントとして真正面から太刀打ちできる日本のアーティストが居ないのが残念です。
ってか、歌がヘタでもアイドルになれる日本って・・・終わってますね・・・
高性能が売りの日本なんだから、ミュージックのジャンルでもと思うのは私だけでしょうか?
2014-09-20 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

映画『Lucy』見て来ました

lucy2

8月29日の公開初日にシネマフロンティアで見てきました。


人が使用している脳の領域は10%だけ。
地球上で唯一人間よりも脳を使用しているイルカでさえ20%

脳が覚醒したらどうなるのか、どうすべきなのか、と言う事がテーマですね。


アクションエンタテインメントと謳っていますが、そういうの期待している人には退屈かも知れません。

自分も、もっとアクションバリバリの映画だと思っていましたが、
その中身は知性と本能、なぜ存在しているのか、生命の存在意義、何のために行きているのか、地球の誕生からの長い時間の中では一瞬の輝きでしかない人の存在。
『時』の中にだけ存在が証明される。
その存在を残すために誕生と死を繰り返してDNAを後世に伝えて行く。

途中まではリュックベッソン監督らしいスピード感にグイグイ引き寄せられますが、
後半は、SF小説読みあさっていた自分にはどこか懐かしい概念のオンパレード。

自分的には、なるほど、やっぱりそういう概念に行き着きますか・・・って感じですね。
何故類人猿から人類が飛躍的に進歩したのかの答えも、SFに詳しい人にはなるほど・・・と思う事でしょう。


エンタテインメントとしても楽しめますが、後半は???になる人がいるかもですね。


そういう意味では賛否両論、別れるかも知れません。

自分的評価は、☆☆☆☆☆です。
2014-09-02 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

shige

Author:shige
釣行記とは別の日常における自己中心的観点の戯言ブログです。

.

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。